オフィスデザイン・オフィスレイアウト・オフィス移転ならハタラクバデザイン

CASECASE

オフィスデザイン事例集

エントランス・受付

  • デザイン事例
  • エントランス・受付のデザイン事例
  • エントランス・受付のデザイン事例2
  • エントランス・受付のデザイン事例
  • エントランス・受付のデザイン事例2

エントランス・受付

                                                               

エントランス・受付づくりのポイント

  • 最初の視覚的情報を与える場所
  • はじめて訪れる顧客にとってオフィスエントランスは、その会社の最初に入ってくる情報の一部です。 よく「人は第一印象が大切」といいますが、会社の顔であるオフィスエントランスも同様です。オフィスエントランスが暗かったり、雰囲気が悪かったりすると、その第一印象はなかなか打ち消しにくいものになるでしょう。 つまり、オフィスエントランスとは、いつでもお客様を迎えられる状態であることが重要です。エントランスを革新すれば、会社に対して好印象を持ってもらうことができるかもしれません。
  • 会社のブランドイメージを伝えやすい
  • オフィスエントランスのデザインにこだわれば、簡単に会社のブランドイメージを相手に伝えられます。 たとえば、エントランスの壁にコーポレートカラーを施したり、ロゴやシンボルを入れたりするだけでもその会社独自の空間になるでしょう。また、テーマやコンセプトを明確に決めてデザインすれば、統一感が出て好印象を与えられるうえ、会社のイメージも強く残りやすくなります。 エントランスに顧客が入った瞬間に「この会社は他社よりもすごい」と思ってもらうことができれば、会社のブランドイメージも大きく向上するでしょう。 また、社員にとっても毎日使用するエントランスのデザインは、自社のイメージを意識するのに大変役立つものです。
  • ロゴやシンボルを上手に使う
  • オフィスエントランスのデザインで重要なのは、どのような会社で何をしているのか一目しただけで来訪者に理解してもらうことです。そのため、ロゴやシンボルなどを上手に活用し、他社との違いが伝わるよう情報や特性を含めたデザインを考えましょう。 よくある自社のロゴに光を当てて浮かび上がらせるというデザインもよい方法です。また、大きく目立つロゴや引き込まれるようなデザインなら、来訪者の印象に強く残るオフィスエントランスになるでしょう。
  • コンセプトを統一させる
  • エントランスづくりで重要なのはテーマやコンセプトを統一されることです。 来訪者はオフィスエントランスで帰ってしまうとは限らないので、社内に進んだときに違和感を与えないようにしましょう。 伝えたい企業イメージをもとに決定し、オフィスと統一感が出るようなデザインにすることが大切です。
  • コーポレートカラーを使用してイメージを伝える
  • コーポレートカラーは会社のイメージを効果的に伝えやすいため、デザインに積極的に入れるようにしましょう。 ただし、会社のコーポレートカラーをそのまま使うだけでは、他社と差別化はできません。コーポレートカラーと一緒に、会社のメッセージが伝わるような工夫を施すことも大切です。
  • 心地よい明るさで無意識の好感度をあげる
  • 効果的に光を利用するデザインに仕上げれば、見る人の好印象につながります。たとえば、外の光をうまく取り込んで自然光による心地よい空間づくりができれば、来訪者は「雰囲気が良い会社」というイメージを持つでしょう。 そのほか、ライトなどを利用して細部にまでこだわることで、さまざまなイメージを表現できます。
CONTACT

お問い合わせ・御見積り

お気軽にご相談・お問い合わせください。

メールで問い合わせる

06-6268-2770

9:00-18:00 (土・日・祝日を除く)