大阪のオフィスデザイン・オフィスレイアウト・オフィス移転ならハタラクバデザイン

LAYOUT LAYOUT

オフィスレイアウト

オフィスのレイアウトが、会社の業績に繋がる。

オフィスのレイアウトによって、部署同士の連携が図られ業務効率の改善に繋がります。
また、社内コミュニケーションの活性化も期待できます。デザイン性は重要ですが、どのように仕事が流れているのか考慮したレイアウトにすることも重要になってきます。

オフィスレイアウトとは

オフィスレイアウトでは、エリア内にデスク、イス、収納庫などを配置するだけではなく、業務の効率化やコミュニケーションの活性化など、お客様にとっての課題を明確にし、改善するためのレイアウトが必要です。オフィスを最大限に活用できるレイアウトプランをご提案いたします。

オフィスレイアウトのメリットについて

オフィスレイアウトの変更には2つのメリットがあります。まず、業務の効率化が挙げられます。適切なレイアウトは職種に応じて作業の取り組み方を改善し、業務効率を向上させます。例えば、クリエイティブな仕事にはブース型が適し、共同作業が多い場合には島型が有効です。次に、コミュニケーションの活性化があります。島型では同グループとのコミュニケーションが増えますが、他の島のグループとの交流が限られる傾向があります。オフィス全体または一部をフリーアドレス型にすると、異なる社員との交流が促進されます。打ち合わせ専用スペースやパーティションの撤去などもコミュニケーションを活性化させる手段です。

オフィスレイアウトが仕事に及ぼす
効果

オフィスレイアウトは仕事に様々な効果をもたらします。デザイン性が高く魅力的なオフィスは、従業員の働きやすさや仕事への意欲を高めます。しかし、デザインだけに固執すると実用性が損なわれるおそれがあります。業務効率の向上やコミュニケーションの活性化を実現するには、デザインとレイアウトの両面からアプローチする必要があります。オフィスデザインやセキュリティレベル、部署間の連携、個々のワークスペース、動線などを総合的に考慮し、トータルで設計することが重要です。仕事の効率性や生産性を高めるために、オフィスレイアウトの効果を最大限に引き出しましょう。

ハタラクバデザインの特長

  • レスポンスの早さ

    軽いフットワークで対応。
    お打合せからレイアウト作成・変更のスピードが早いのが特徴です。

  • デザイン力

    社内のデザイナーが対応可能なのでご相談や御見積りはもちろんのこと、オフィスデザインとレイアウトの完成イメージを、より具体的に確認して頂けるように、ご提案いたします。

  • 対応力

    オフィスに関わることを一括対応いたします。オフィス内のデザイン・設計や移転、家具メーカーとのやりとり、内装工事などワンストップでご提案いたします。

  • 高品質なオフィスを提供

    1級建築施工管理技士をはじめとした、施工管理技士の資格をもったプロのスタッフが施工管理を行います。安心しておまかせください。

  • 低コスト・高品質

    オフィス内装工事は多重下請け構造になっていることが多いですが、弊社では直接オフィス工事を施工する信頼できる工事業者や職人に依頼することで中抜きを減らし適正価格でご提供しております。

オフィスレイアウトのポイント

  • セキュリティレベル

    エントランス、ミーティングエリア、ワーキングエリアなど、全てのスペースでセキュリティレベルを設定する必要があります。また、機密文書や個人情報を扱う部署では、個室にするなど、セキュリティレベルを高める工夫が必要です。

  • 1人当たりのスペース

    お客様のご要望やレイアウトによって異なりますが、社員1人当たり2坪(6.61㎡)以上が必要と言われています。誰もがスペースは広ければ広いほど良いものですが、それに伴い賃料がかかってきます。人数とスペースを比較して差があるなら、フリーアドレスなどを採用して運用とレイアウトで補うことも可能です。

  • 部署同士の連携

    コミュニケーションの活性化や業務効率の向上には、部署間の連携を考慮したレイアウトが重要になります。全体のワークフローを把握し、どのような部署配置が仕事をする上で最適なのか、さらに動線も考慮した上で、レイアウトを設計する必要があります。

  • 動線(通路)

    避難経路の確保、オフィス内の移動効率、必要な通路幅などを考慮した上で、動線を設計する必要があります。動線の設計次第で、働きやすさが大きく変わり、同じオフィスの広さでも、有効スペースを広げることが可能です。

オフィスレイアウトの種類について

オフィスレイアウトの種類①

オフィスレイアウト①:対向式

グループごとにデスクを向かい合わせて一つの島を作る配置方法で、島型レイアウトとも呼ばれます。
一般的なオフィスで多用されている配置法で、社員同士のコミュニケーションも取りやすいのが特徴で、一般事務や営業など様々な職種に向いているでしょう。

オフィスレイアウト②:背面対向式

対向式が社員同士を向かい合わせる配置なのに対して、こちらは社員同士がお互い対面しないように背中同士を向け合う配置法です。
お互いの視線を気にすることがなくなり、横と後ろには適度な間隔に仕事仲間がいるためコミュニケーションが取りやすいメリットがあります。

オフィスレイアウト③:同向式

すべてのデスクを同一方向に並べる配置方法です。
個人のデスクワークが中心となる電話オペレーターや銀行などで用いられ、学校の教室を連想させることからスクール式とも呼ばれます。

オフィスレイアウト④:フリーアドレス式

最近多くの企業で取り入れられているフリーアドレス式レイアウトは、デスクの配置自体は対向式と似ていますが、個人の固定席を設けるのではなく、無線LANを使用し従業員が誰でも空いている席に、自由に座って作業を行うことができる配置方法のことです。

オフィスレイアウトの種類①

オフィスレイアウト⑤:左右対向式

隣り合うデスクを左右逆行させて並べるレイアウトです。個人で集中して行う作業が多い部署や、クリエイティブな部署、管理職などのオフィスレイアウトに向いています。

オフィスレイアウト⑥:卍型

4台のデスクを卍型に並べるレイアウトです。個人業務がメインの部署に向いていて、デスク自体は隣接していても視線が合いづらいのが特徴です。

オフィスレイアウト⑦:リンク式

ブーメラン型とも呼ばれるレイアウトで、120℃の角度があるデスク3台で一つの島を作ります。一人ひとりの作業スペースが大きく、複数のモニターを設置できるのが特徴です。

オフィスレイアウト⑧:ベンゼン型・背面型

チームごとに社員が背中合わせになるようにデスクを配置するレイアウトです。作業に集中できるスペースとチームでのコミュニケーションの取りやすさが両立できます。

基本オフィスレイアウト【デスクの配置編】について詳しくはこちら

【SOHO】小さなオフィスでもオシャレに見せるポイント

オフィスレイアウトの種類①

コンセントの位置と数

機能的なオフィスにするために非常に重要なのが、「コンセントの位置と数」です。現在ほとんどの人が仕事にパソコン・スマートフォン・タブレットを使用しています。
仕事中に充電しなければならないことも多いので、コンセントの数は多い方がよいでしょう。

厳選したこだわりの家具を置く

家具の印象がオフィスの印象を大きく左右するため、家具の大きさや色・素材などをしっかり検討して配置することが重要です。
雰囲気や素材が似ている家具を配置して統一感を出したり、あえて異なる雰囲気の家具を使ってオシャレさを演出したりすることも可能です。

照明や色を上手に使う

オフィスをオシャレな空間にするためには、色や照明を上手に使うことが不可欠です。
薄い色の家具を配置すると、そこに光が反射して狭いオフィスでも広々と見せることができます。

スペースを有効活用する

小規模のオフィスのレイアウトで非常に重要になるのが、スペースの活用法です。
少しでもデッドスペースをなくすために、収納を壁かけにしたり、小型の防犯カメラや空気清浄機を設置したりするなどの工夫ができます。
雰囲気や素材が似ている家具を配置して統一感を出したり、あえて異なる雰囲気の家具を使ってオシャレさを演出したりすることも可能です。

少人数オフィスレイアウト事例

詳しい内容やその他の写真はこちら

黒田生々堂 名古屋支店レイアウト

主なオフィスレイアウト

  • 効率の良さを追求

    業務効率を中心としたレイア
    ウト

  • コミュニケーション重視

    コミュニケーション活性化を図れるレイアウト

  • 狭くても多人数が入る

    狭いオフィスでも、多人数が働けるレイアウト

  • セキュリティ完備

    セキュリティレベルを考慮したレイアウト

CONTACT

お問い合わせ・御見積り

お気軽にご相談・お問い合わせください。

メールで問い合わせる

06-6268-2770

9:00-18:00 (土・日・祝日を除く)

オフィスレイアウトでよくある質問

1人当たりのワークスペースは、どのぐらい必要ですか?
一般的に、最低約6㎡は必要と言われています。それ以下の広さになるとレイアウトや働き方の工夫が必要になってきます。
通路幅はどのぐらい必要ですか?
両側に部屋がある場合の廊下の幅は、建築基準法で1.6m以上にしなければならないと定められています。
どんな既存のオフィス家具でも、レイアウトできますか?
もちろん、可能です。事前に、既存什器の寸法を実測させていただき、それをもとにレイアウトを作成いたします。
どのようにレイアウトを考えればいいですか?
ご希望や課題によって、最適なレイアウトは異なります。まずは、弊社担当営業がヒアリングさせていただきますので、ご要望をお伝えください。

関連記事

SOLUTION

ソリューション

FLOW FLOW

サービスの流れ

ハタラクバデザインへのご依頼手順をご説明します。まずはお打ち合わせを行い、デザインプランのご提案を行います。ご不明な点があれば、お問い合わせフォームまたはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る
FAQ

よくある質問

ハタラクバデザインへのご依頼に関して、お客様からよく寄せられる質問にお答えしています。疑問点や気になる内容などございましたら、まずはこちらをご覧ください。

詳細を見る
CONTACT

お問い合わせ・御見積り

お気軽にご相談・お問い合わせください。

メールで問い合わせる

06-6268-2770

9:00-18:00 (土・日・祝日を除く)